アーカイブ

官製ハガキと私製ハガキの2種類に分けての注文は可能ですか?

可能です。
ただし、ハガキの種類を分けると別注文として外注先(フジカラー)に受け取られるので、それぞれの枚数での注文という形になります。

基本作製料は同じデザインなら1件分5200円だけの請求となります。フジカラーへ注文の際には外注先技術料(1100円)というのを取られます。1件分の注文の場合は基本料の中にこの金額を組み込んでいます。
ハガキの種類を変えると2件分の注文として発注しますので、2件目にはこの外注先技術料が加算します。ですからハガキの種類を変えると、同じ種類でやった場合と比べて枚数によってはかなり割高になってしまいます。つまり2種類のはがきに分けて100枚注文した場合は
9300円+基本料5200円+2件目の外注先技術料1100円=15600円です。
普通に100枚注文の場合が13400円なのでその差は2200円になります。
(上記金額には、はがき代は入っておりません。年賀の時期は料金が変わります)
100枚注文(@82円)した場合のプリント代は8200円。
50枚づつ(@93円)分けてのプリント代は4650円x2件分で9300円。

ハガキの持込は可能ですか?

可能です。
ただし、こちらで引き取れるハガキは63円の無地の官製ハガキ・年賀はがきのみです。

「宛名等がすでに書いてあるハガキ」「絵入りハガキ」「寄付金付きのハガキ・68円」「インクジェット写真用ハガキ・73円」「いろどり年賀」等はお引取りできませんのでご注意下さい。
なぜなら持ち込まれたハガキを使用するわけではなく、現像所に準備してあるハガキとの交換になるからです。

持込希望の方は、郵送でもメール便でも宅配便でも、お好きな方法で当店までお届け願います。

仕上がったハガキはインクジェットプリンターで宛名面に印刷できますか?

宛名面の仕上がりは通常の官製ハガキ・年賀ハガキになります。
市販のプリンターで印字できます。

ただしプリンターの機種によっては滑って印字できないという事もあります。
宛名面へのプリント・プリンターに関しては当店ではサポートいたしておりません。お使いのプリンターメーカーにご相談下さい。

copyright © photo-orient.com All rights reserved.